無料オファーは、その名の通り無料の案件ですが、アフィリエイト報酬をもらうことが出来ます。

 

その為、早くアフィリエイト報酬を欲しい人が

 

「無料オファーって稼げますか?」

 

と聞いてきます。

 

無料オファーは、無料ですから敷居が低いのは確かです。

 

確かですが、私はちょっと・・・。

 

無料オファー アフィリエイト

無料オファーのアフィリエイト

私は無料オファーについては、先日も記事にしています。

 

無料オファーでの稼ぎ方!アフィリエイトしない理由は?
あなたは無料オファーという言葉を知っていますか?   ネットビジネスに関心があれば、聞いたことがある…

上記記事を読んでもらえるとわかりますが、私は無料オファーのアフィリエイトをオススメしていません。

 

確かに無料オファーのアフィリエイトで、稼いでいる人もいます。

 

しかも、無料オファーのアフィリエイトは、難しいわけでもありません。

 

ですから、アフィリエイト初心者向きだという人もいますが、私は勧めないんですよね(笑)

無料オファーのアフィリエイトを勧めないのは?

無料オファーのアフィリエイトを勧めないのは、もったいないからです。

 

あなたや私がやるアフィリエイトは、情報商材アフィリエイトになります。

 

情報商材アフィリエイトで初心者は稼げないのか?稼ぐためにやることは?
私はプロフィールでも書いているのですが、初心者の時に情報商材アフィリエイトを始めました。   と言う…

 

つまり、メルマガアフィリエイトということ。

 

メルマガアフィリエイトで稼ぐ方法は?コピーライティングとDRM?
メルマガアフィリエイトで稼ぐ方法について書いてみます。   あなたがこの記事を読むのは、参考になる情…

 

であれば、メルマガ登録者は、大事にしなければなりません。

 

なぜならメルマガ登録者は、アフィリエイトの見込み客だからです。

 

あなたが本当におすすめする価値ある情報を、提供する必要がある。

 

あなたにとって未知な案件を、無料だからといって勧めていいと思いますか?

 

わずかな報酬欲しさに、あなたの評価を落とすかもしれない危険を犯すのですか?

 

もしかしたら、あなたが優良案件を紹介すれば、無料オファーの10倍以上のアフィリエイト報酬が手に入るかもしれません。

 

お互いWin-Winな関係が築けるかもしれないのに、たった1,000円の報酬でクレームまで来たらシャレにならないでしょ。

無料オファーよりダイレクト出版のアフィリエイト

人それぞれ考えはありますが、私は無料オファーよりも、ダイレクト出版の本のアフィリエイトを勧めます。

 

別に高い本を勧めるわけではありません。

 

たまにダイレクト出版で紹介している無料の本です。

 

例えば、今でしたら、「達成する人の法則」が無料で紹介できる本になります。

 

正確には、送料が550円だけ必要です。

 

http://directlink.jp/tracking/af/1480763/AK3nBlwl/

 

上記は私のアフィリリンク(笑)

 

別に注文しなくてもいいですが、どんな本か確認することをオススメします。

 

なぜなら、無料なら絶対欲しいと思う本だからです。

 

ダイレクト出版には、価値ある本が多い。

 

しかも、自己アフィリエイトができないので、誰かのアフィリリンクを踏むことになるのです。

 

私はこれから、仲間のアフィリリンクから上記の本を注文します。

 

だって面白そうでしょ。

 

面白かったらレビューを書こうかな。

無料オファーのアフィリエイトを否定はしない

私は無料オファーのアフィリエイトを、否定はしません。

 

なぜなら、ダイレクト出版の本のアフィリエイトも、ある意味無料オファーだからです。

 

ただ、今回は、わかりやすくするため、便宜上分けさせて頂きました。

 

無料オファーでも、いい案件もあるでしょう。

 

例えば、スーパーアフィリエイターが書いた本も、無料オファーでプレゼントとしてもらえます。

 

だいぽんさんや小玉歩さんの本が、参考になったという人もいますからね。

 

だいぽんさんや小玉歩さんの本も無料なので、興味があれば読んでみて下さい。

 

ただ、私はアフィリエイトしません。

 

なぜなら、

 

「・・・」。

 

想像におまかせします。

 

今回私が言いたいのは、

 

「いくら無料の案件でも、価値あるものをアフィリエイトしてほしい」

 

ということ。

 

あなたの評価を下げる行為をしないことを願っています。

 

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

 

木村