ブログの記事タイトルの決め方に関しては、いろいろな意見があるようです。

また、記事の見出しの付け方も、同じように様々な意見があります。

その為か、

「記事の見出しの付け方に、決まりはありますか?」

といった質問が多いです。

なかには、質問に対して答えているに、自分流を通すへそ曲がりも(笑)

あなたには、私の意見を参考にして欲しいと思います。

ブログ 記事タイトル

ブログの記事タイトルと見出しの決め方

ブログの記事タイトルに関しては、トレンドアフィリエイト実践者であれば、よく理解しているはず。

なぜなら、トレンドアフィリエイトは、

「タイトルで成果の9割が決まると言ってもいい」

と言われるからです。

トレンドアフィリエイトブログとは?記事数で2017年も稼げるのか?

トレンドアフィリエイトに関しては、上記事を参考にしてください。

とにかく記事タイトルの決め方で、ブログへのアクセス数が決まります。

手順としては、まずは、キーワード選定からです。

SEO対策の方法は?キーワード選定だけではダメか?

キーワード選定の方法は、上記記事で解説していますので読んで下さいね。

次に、いよいよ記事タイトルを決めるわけですが、今回の私の記事を参考にしてみましょう。

今回私が伝えたいのは、記事の見出しの付け方。

ところが、「記事 見出し」というキーワードでは検索需要がない。

そこで、検索需要のある関連キーワードを考えました。

「ブログ タイトル」のキーワードなら検索需要はあるようです。

ということで、自分の書きたいことを、「ブログ タイトル」というキーワードを使って記事タイトルを決めました。

それが、今回の記事タイトルブログの記事タイトルの決め方は大事?見出しも重要って知ってた?!」です。

ここで、記事タイトルの決め方ですが、重要キーワードは出来るだけ左に寄せます。

ブログ記事タイトルの・・・」

ブログ」と「タイトル」の間に「記事」という言葉が入っています。

本来「記事」は邪魔なのですが、「ブログ 記事」というキーワードも需要があるし、私の書きたいことなので入れました。

ただ、集客記事を書く際は、書きたいことより「キーワード」を優先してください。

例えば、「ブログ タイトル」のようなキーワードなら、

ブログタイトル決め方・・・!」

のように左から「ブログ」「タイトル」「決め方」とキーワードを入れた記事を書きます。

あと、記事タイトルの文字数ですが、25文字以上32文字以下がいいようです。

記事タイトルが32文字を超えると、検索結果で表示されるタイトルの32文字目以降が「・・・」と表示され、せっかく考えたタイトルメッセージが伝わりません。

あと、25文字以下だともったいないのもありますが、SEO面でマイナスだという話もあるからです。

記事の見出しの決め方

記事の見出しの決め方は、記事タイトルが基準になります。

見出しには記事タイトルで使ったキーワードを、出来るだけ入れるようにしてください。

今回の記事の場合、

ブログ記事タイトル見出し決め方

と最初の見出しをつけてますが、「ブログ」「記事」「タイトル」「見出し」「決め方」とキーワードを入れています。

キーワードの組み合わせで見出しを決めてください。

ブログの記事タイトルと見出しにキーワードを入れるのは?

なぜ、ブログの記事タイトルや、見出しにキーワードを入れるのか?

それは、検索エンジンに、あなたが何について記事を書いたか伝えるためです。

記事タイトルはh1タグで、見出しはh2タグ。

検索エンジンは、このタグから記事の内容を判断すると言われています。

そして、記事中のキーワードの出現率や共起語から、タイトルと記事内容が合っているかを判断しているのだとか。

ちなみに、共起語とは、キーワードと共によく使われる言葉だと思ってください。

例えば、アフィリエイトというキーワードが出てくる記事には、「記事」「商品」「ブログ」「報酬」などという共起語が使われます。

このような言葉が頻出すると、アフィリエイトについて書かれている記事と判断するのです。

で、優先順位がタイトルの左からのキーワード、見出し中のキーワード、文中のキーワードの順番になるため、タイトルは当然ですが、見出しにもキーワードがあったほうがいい。

ブログの記事タイトルだけでなく見出しにもキーワードを入れる

私は記事の添削依頼があると、まずは記事タイトル、次に見出しをチェックします。

当然、文章も大事なのですが、読んでくれる人のいない記事に価値はありません。

厳しいようですが、誰も読まない記事の添削をしても時間の無駄というわけです。

ですから、

  1. 記事タイトルのキーワードは検索需要があるか?
  2. 検索需要のあるキーワードは左に寄せてあるか?
  3. 見出しに記事タイトルのキーワードは入っているか?

をチェックします。

例えば、今回の私の見出しは、

  1. ブログの記事タイトルと見出しの決め方
  2. 記事の見出しの決め方(小見出し)
  3. ブログの記事タイトルと見出しにキーワードを入れるのは?
  4. ブログの記事タイトルだけでなく見出しにもキーワードを入れる
  5. まとめ

となっています。

ぎっしりキーワードが入っているでしょ(笑)

よく、コンテンツ・イズ・キングという言葉を耳にしますが、確かにGoogleさんが評価してくれれば価値があります。

ですが、

「いずれGoogleもわかってくれるだろう」

では何にもならないわけです。

実際、キーワード重視のサイトが、上位を占めているのが現状ではないですか?

違うと思うなら、網羅記事をひたすら書けばいいと思います。

網羅記事とは、多くの複合キーワードを網羅しており、1記事1万文字も普通の情報が満載の記事。

キーワードによっては上位表示されることもありますが、誰でも書ける記事ではないです。

あなたが書きたければ、挑戦してもいいでしょう。

もしかしたらGoogleさんが評価するかも。

ブログの記事タイトルと見出しについての考え

先に、見出しの5番目に「まとめ」と書きました。

なぜなら、流行りなのか多くの人が使っているからです。

私がサポートしている人の中にも使う人が多いですが、私は使いません。

だって、「まとめ」って何もキーワードが入ってないでしょ(笑)

キーワードの詰めすぎは、

「スパム扱いされるから」

と言われたことがあります。

当然、見出しの内容と違うことを書いたら駄目ですよ。

ですが、しっかり見出しの内容に沿った文章なのですから、スパムという方がおかしい。

あなたは自分で判断してくださいね。

私の考えは、記事タイトルも見出しもキーワードは入れるべき。

そして、記事は、キーワードに沿った内容の文章を書く。

意味も無く、「まとめ」を使うのなら使ってください。

あなたが正しい判断をすることを願っています。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

木村