コピーライティングを学ぶと、PASONAの法則は必ず学ぶはずです。

 

あなたはPASONAの法則を、使ったことがありますか?

 

PASONAの法則を知っているけど使ったことがないのであれば、是非テストしてみて下さい。

 

PASONAの法則 例文

 

PASONAの法則は例文がいらないテンプレート

PASONAの法則は、例文のいらないテンプレートです。

 

何のテンプレートかというと、情報商材のレビュー記事に使えるテンプレート。

 

(※テンプレートは、ひな型や予め用意された定型書式)

 

よくテンプレートに当てはめるだけ、という言葉を聞きます。

 

人は苦労したくないので、楽なことばかり考える。

 

それは文章を書く場合でも、同じことです。

 

ですから、テンプレートと聞くとすぐに飛びつく。

 

PASONAの法則は、頭を使いたくない私のような人間にとって、最高のテンプレートです。

 

PASONAの法則を発案したのは、日本のダイレクトレスポンスマーケティングの権威である神田昌典さん。

 

※ダイレクトレスポンスマーケティングに関しては、下記記事を参考にして下さい。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは?神田昌典とダンケネディから学ぶべきか?
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)は、アフィリエイトを始めてすぐに聞いた言葉です。   そ…

 

神田昌典さんは、人の心を揺さぶる法則としてPASONAの法則を考えたようです。

 

PASONAの法則は、使い方によっては反応がいいので、重宝しています。

 

PASONAの法則はレビュー記事のテンプレート!

先に私はPASONAの法則は、レビュー記事に使えるテンプレートだと書きました。

 

それは、セールスレターやメルマガ登録用のLPには、PASONAの法則より優れた法則があるからです。

 

餅は餅屋と言いますが、PASONAの法則は、レビュー記事のテンプレートとして使ったほうがいい。

 

「本当に?」

 

と言われそうですね。

 

私はPASONAの法則でセールスレターを書いたことがあります。

 

また、メルマガ登録用のLPも、PASONAの法則を使ってみました。

 

その結果わかったのですが、セールスレターやメルマガ登録用のLPでは、PASONAの法則よりQUESTの法則の方が優れています。

 

QUESTの法則は使えるか?(コピーライティングの勉強)
私がQUESTの法則(フォーミュラ)を知ったのは、ネットビジネス大百科を購入した時だと思います。  …

 

どう贔屓目に見ても、セールスレターやメルマガ登録用LPの反応は、QUESTの法則の方が良かった。

 

ただ、レビュー記事に関しては、PASONAの法則がしっくり来るし反応がいい。

 

ですから、私の中ではPASONAの法則は、レビュー記事のテンプレートと言う位置づけです。

 

PASONAの法則は例文がいらない

やはり法則と言っても、例文があったほうが分かり易い。

 

私はそう思っていました。

 

ですが、PASONAの法則は、法則に当てはめるだけで、例文など必要無いのです。

 

では、具体的にPASONAの法則は、どんな法則なのか?

 

  • Problem(問題)
  • Affinity(親近感)
  • Solution(解決策)
  • Offer(提案)
  • Narrowing down(絞り込み)
  • Action(行動)

 

上記のような構成になっています。

 

ただ、以前はAffinity(親近感)が、Agitation(扇動、煽り)でした。

 

それにSOがSolution(解決策)だったのに対し、いまはSolution(解決策)とOffer(提案)の2つに分けられています。

 

では、実際に私の勧めている“Copyrighting Affiliate Program”のレビュー記事を書くとどうなるか。

 

一緒に検証してみましょう。

 

Problem(問題)

まず問題を明確化します。

 

ブログにアクセスがないのは、読みやすい文章が書けないからです。

 

と、Copyrighting Affiliate Programに興味を持つ人が、抱えているであろう問題を明確にしてあげます。

 

 

Affinity(親近感)

読者に寄り添います。

 

私もいくら記事を書いても、読んでもらえませんでした。

 

あなたも以前は、同じ問題を抱えていたことを伝えるのです。

 

そうすることで、

 

「いっていること、わかる~」

 

共感してもらえます。

 

 

Solution(解決策)

どうすれば問題を解決できるかを伝えます。

 

私はCopyrighting Affiliate Programでコピーライティングを学んだ結果、ブログの訪問者の滞在時間が伸びました。

 

問題を解決したのは、Copyrighting Affiliate Programのお陰だと主張します。

 

Copyrighting Affiliate Programを購入したお陰で、読みやすい文章が書けるようになったとアピールするのです。

 

Offer(提案)

読者のためになることを提案します。

 

Copyrighting Affiliate Programを私から購入してくれれば、あなたが稼ぐまで私がサポートさせて頂きます。

 

特典をつけてもいいですし、独自企画へ招待してもいいです。

 

Narrowing down(絞り込み)

条件を挙げて絞り込む。

 

私は全力でサポートしますが、あなたが行動しなければ結果は出せません。

 

最後まで諦めずに行動できる場合のみ、購入して下さい。

 

あなたの提案を受け入れれば、問題を解決できることを伝え、それには条件があることを伝える。

 

Action(行動)

人は結論を先延ばしにします。

 

行動を後押ししてあげて下さい。

 

私がサポートできる人数は、当然ですが限られます。

 

今回は先着10名のみです。

 

そこで、あなたが取るべき行動は、今すぐ購入ボタンをクリックすること。

 

緊急性と希少性をアピールし、具体的にどうすればよいかを示してあげます。

 

PASONAの法則を使ってみる

どうですか?

 

難しく考えず、とりあえず思いつくまま埋めて下さい。

 

文章の場所が違うと思えば、該当場所に移してあげればいいです。

 

例えば、上記のAction(行動)に書いてある内容は、最初Narrowing down(絞り込み)に書いていました。

 

ですが、文章の場所が違うと思って、移動させています。

 

間違ったら訂正すればいいだけです。

 

そして、後は肉付けしていきます。

 

例文なんていらないですよね。

 

PASONAの法則を知る(コピーライティングの勉強)

多くのコピーライターが、PASONAの法則に当てはめるだけでは、スキルアップにつながらないと言います。

 

ですが、コピーライティングのスキルを身に着けてから使うのであれば、それまではどうしろというのか?

 

コピーライティングのスキルを身につけるには、とにかく文章を書くことと言っているのに、矛盾する気がします。

 

私の意見は、使える法則があるのなら、どんどん使ってみることだと思う。

 

私はPASONAの法則だけでなく、色々な法則を使って文章を書いてきました。

 

その結果、反応が取れることもあります。

 

ですが、どんな文章も完璧だと思ったことはありません。

 

その為、常に修正を加え、より良い文章にしようと努力しています。

 

法則を使わなければ、何も書けない時期ってありますよね。

 

手が止まってしまう。

 

私はそんな時がありました。

 

そんな私のような人でも使えるように、法則ってあるのではないですか。

 

だから、あなたには、PASONAの法則をどんどん使って欲しい。

 

私はレビュー記事に使えるテンプレートと言いましたが、メルマガやブログの記事でも使ってみて下さい。

 

反応が悪いと思えば、書き直せばいい。

 

もし、いい記事が書ければ、ラッキーですよね。

 

何事も自分で試せばいいんです。

 

インプットした知識は、出来るだけアウトプットしてくださいね。

 

アウトプットして、初めて身になるのですから。

 

あなたが素敵なレビュー記事を書くことを、期待しています。

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

 

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

 

木村