『文章力の基本』(阿部紘久著)は、コピーライティングの本ではない、という人もいるはずです。

 

私もコピーライティングの本として、購入したわけではありません。

 

ですが、コピーライティングを勉強するのであれば、先に手にとって欲しい本かも。

 

コピーライティング 本 勉強

 

文章力の基本という本はコピーライティングの勉強になるか?

こんなこと言ったら怒られるかもしれませんが、Copyrighting Affiliate Programを購入するのなら、先に『文章力の基本』を手に入れた方がいい。

 

私はそう思ってしまいました。

 

私はCopyrighting Affiliate Programを購入して、宇崎恵吾さんの師匠に添削してもらったのですが、その時頂いたアドバイスが、全て『文章力の基本』に書かれていたからです。

 

宇崎恵吾さんの師匠のアドバイスの一部ではなく、全てがですよ。

 

といことは、私のレベルでは、まず『文章力の基本』で勉強すればいいことになります。

 

何事にも段階があるということ。

 

基本が出来ていないのに、いきなり上の段階を学んでも身につかないですよね。

 

時間を無駄にするだけならいいですが、

 

「コピーライティングなんて意味ないじゃん」

 

と勘違いしたら、大きな損失になります。

 

人間は一度思い込んでしまったら、なかなか考えを変えることは出来ないですからね。

 

もし、あなたがコピーライティングの勉強法で迷っているなら、『文章力の基本』で勉強することをお勧めします。

 

それだけで、格段にブログやメルマガ読者の反応が変わるはずです。

 

文章力の基本という本がコピーライティングの勉強になる理由

そもそも私の場合、日本語が正しく使えませんでした。

 

恥ずかしいことですが、日本人なのに正しく日本語が書けないのです。

 

ショックだと嘆くより、認めることで前に進めました。

 

コピーライティングの勉強がしたいと言っても、その前段階の日本語が正しく使えなければ、スキルが向上するはずがありません。

 

そのことを指摘してくれたのは、現在の師匠です。

 

私の師匠は記事の添削を、動画を撮って解説してくれます。

 

その動画の中で師匠は、

 

「ここって日本語としておかしいですよね」

 

とか、

 

「書いた記事を声に出して読んで下さい」

「違和感を感じませんか?」

 

と言っていました。

 

「日本語としておかしい?」

 

はっきり言ってショックでした(笑)

 

日本で生まれて日本で生活してきたのに、その母国語を使えていない。

 

そりゃ~コピーライティングのスキルなど、上がるはずがないですよね。

 

そこで、私は文章を書く上で、同じように躓いている人がいるはずだと考えました。

 

コピーライティングの勉強法について、ネットで調べてみたのです。

 

ネット上にはコピーライティングの本に関する記事が、数多く存在します。

 

そんな記事の中で、

 

「そもそも正しい日本語を使えない人が多い」

 

という記事を目にしました。

 

悔しいですが私のことだと思い、その記事で紹介されていた本を購入したのです。

 

その時購入したのが、『文章力の基本』。

 

私は『文章力の基本』を読んで、多くの人が正しい日本語を使っていないことを知りました。

 

そして、コピーライティングを学ぶなら、『文章力の基本』は勉強になる本だというのもわかったのです。

 

読みやすい文章が書けるようになるのですから、当然ですね。

 

文章力の基本という本がコピーライティングの勉強になった

お客さんとの円滑なコミュニケーションを取るためのスキルが「コピーライティング」

 

上記は師匠の記事からの引用ですが、コピーライティングを学ぶと、読者が読みやすい文章が書けるようになる。

 

ということになります。

 

そう考えると『文章力の基本』という本で勉強すると、コピーライティングのスキルが身につくと言っていい。

 

正確に言うと、コピーライティングのスキルの一部が身につく。

 

例えば句読点。

 

正しく句読点を打つだけで、読みやすい文章になります。

 

実は告白すると、師匠の添削動画で、

 

「句読点を打つ位置が、おかしいですよね」

 

とも言われていました。

 

私の日本語って、無茶苦茶だったんですね(笑)

 

例えば、

 

「私は、・・・。」

 

という風に、「私は」のすぐ後に「、」を打っていたのですが、短い主語の後には、必ずしも読点はいらないそうです。

 

あと大事なのは、出来るだけ短い文章でまとめる。

 

例えば文章は句点「。」で一区切りですが、なかなか区切りが来ないダラダラした文章ってありますよね。

 

他にも、主語に対する述語の使い方が間違っているとか。

 

小学校や中学校の国語で習う基本です。

 

その基本ができていない状態で、コピーライティングを学ぼうとするから無理が出て来る。

 

当たり前のことなんですね。

 

師匠の指摘がなければ、ずっと『木村語』を使っていたでしょう。

 

はっきり指摘してもらって良かったです。

 

文章力の基本という本ででコピーライティングの基礎を身につける

「『文章力の基本』でコピーライティングの基礎を身につける」

 

というと大げさですかね。

 

コピーライティングの勉強をする前に、『文章力の基本』で日本語の正しい使い方を勉強する。

 

と言ったほうが、正しい表現かもしれません。

 

私が『文章力の基本』を読んだ感想は、

 

「やばっ!間違いだらけじゃん」

 

でした。

 

間違った日本語を、平気で今まで使っていたのです。

 

勘違いという言葉で、済ますことは出来ませんよね。

 

だって私は日本人なんですから(笑)

 

ですから、間違いは認めるしかありません。

 

これまで読みづらい記事を書いていたと思うと、読者に対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

かと言って、今は完璧な文章を書いているとは言いません。

 

今までよりは、ましになった程度です。

 

それでも早めに『文章力の基本』を手にとって良かった。

 

師匠の指摘で腹を立てていたら、今でも読みづらい記事を書いていたはずです。

 

何より今ほど稼げるようになっていません。

 

コピーライティングも大事ですが、正しい日本語を使うというのはもっと大事ですね。

 

あなたも一度、自分の日本語を見直してみてはどうですか。

 

何か気づきがあるかもしれませんよ。

 

あなたのこれからの活躍を祈っています。

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

 

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

 

木村