あなたは、SEOと聞くと何を考えますか?

 

私の場合は、SEOと聞くと難しいという印象があります。

 

あとは、これから勉強するとなると大変だと考えてしまう。

 

では、そんなSEOとは、何なのかを書いていきます。

 

SEOとは何なのか?

これは、当然ですが、誰がネット上で調べても同じ答えが出てきます。

 

Search Engine Optimization

 

上記の頭文字を取るとSEOになりますね。

 

つまりは、

 

検索エンジン最適化。

 

がSEOということになります。

 

では、SEOは必要なのか?

 

結論から言えば、SEOは必要です。

 

理由は、検索エンジンに対してあんたのサイトの内容をアピールする必要がある。

 

なぜなら、検索エンジンにより正確にあなたのサイトを評価して貰う必要があるからです。

 

要するにSEOとは、

 

Googleに対して自分のサイトを正しく評価してください。

 

というアピールだと考えれば良いのではないかと思う。

 

それが以前は、いかにGoogleを騙すかということを考えるサイト制作者が多かった。

 

簡単に言えば、自分のサイトを正しく評価してくださいということではなく、自分のサイトを良いサイトだと錯覚させる方法に力を入れていたということ。

 

俗に言うブラックハットになるわけですが、それが通用していたので間違った認識を持つ人が増えたのです。

 

そのGoogleに対する偽装工作をSEO対策と勘違いしていた人達は、Googleの進化ともにペナルティを受け検索上位から姿を消していきました。

 

では、本来のSEO対策とはどういうものかを考えてみます。

 

SEO対策を行う

SEO対策

SEO対策を行うということは、検索エンジンで上位表示させるための対策を行うことになります。

 

それは、日本の場合ですとYahooとGoogleの対策を行えば良いことになる。

 

もっと言えば、Googleの対策が出来れば良い。

 

理由は、YahooはGoogleの検索システムを導入しているからです。

 

そもそも、あなたも私もなぜ検索エンジンの機嫌を取る必要があるのか?

 

それは、検索エンジンの上位表示が出来なければ、ブログやサイトでの収益化が進まないからです。

 

では、検索エンジンで上位表示されれば収益化が楽になるか?

 

間違いなく収益化がになります。

 

その辺は私のプロフィールで解説していますので参考にして下さい。

 

木村零のプロフィール
ご挨拶 はじめまして、木村零と申します。   小さな南の島に移住してきた。   この度は、…

 

話を戻してSEO対策について解説していきます。

 

以前であれば、SEO対策といえば過剰な被リンクや過剰なキーワードの盛り込みでした。

 

それによって、Googleを騙し検索エンジンの上位表示が出来ていたのは事実です。

 

しかし、騙しの手口をデータとして蓄積したGoogleは、独自のアルゴリズムで優良なサイトの判断基準を新たに設けました。

 

それにより従来のSEO対策と言われていたものは、ペナルティのリスクを伴うことになり、一時的に検索上位に表示されてもすぐ姿を消すようになったのです。

 

その為、SEO対策業者の需要はますます増えたのではないか。

 

理由は、個人で何をすればSEO対策になるかが明確にわからないからです。

 

正確に言えば分かっていても実践できないと言ったほうが良いかもしれません。

 

どういう事かというと、どんなサイトでもSEO対策については、

 

「ユーザーに有益な情報を提供するサイトを作ればいい。」

 

と言っています。

 

要は、それがGoogleが目指している

 

「ユーザーに価値ある情報を提供する」

 

ことに繋がるからと説明しているわけです。

 

ですが、ユーザーに価値ある情報を提供すると言っても、どうすればいいかがわからない。

 

それが、あなたの悩みだと思います。

 

だからSEO対策にお金を使うことになるのです。

 

例えばテンプレート。

 

SEOに強いと謳えばテンプレートは売れます。

 

実際に賢威が売れているのは、SEO対策が出来ない人が多いから売れるのです。

 

賢威(テンプレート)のおすすめ特典付きレビュー!驚きの企画を用意
賢威はワードプレス最強のテンプレートか? 私はプロフィールでも書いていますが、これまで3人に師事してアフィリエ…

 

次からそんなSEO対策を業者に頼む時の注意点を書いてみます。

 

SEOの見積もりを頼む前に

現在は、ネットから収益をあげようと思えば、ライバルが多くなっています。

 

その為、競争に勝つためには、専門家に頼るという選択をする個人や企業が増えている。

 

その場合、SEO対策に対する見積もりを出してもらうことになるわけですが、業者に見積もりを出して貰う前に知っておいたほうが良いことがあります。

 

それをこれから解説していきます。

 

まず第一に、SEO対策を依頼する業者についてですが、被リンクによって上位表示が狙えると言っている業者は避けたほうがいい。

 

理由は、被リンクの自作自演はペナルティの対象なのは間違いなく、外部リンクを販売している業者がやっていることは、まさに自作自演を勧めていることになるからです。

 

中には、

 

「良質なリンクを◯本定期的に獲得」

 

といったことを謳っている業者もあります。

 

しかし、いくら良質とはいってもGoogleが認めた外部リンクなわけではありません。

 

自作自演には変わらないわけです。

 

これは、被リンクを増やすことで上位表示が可能だと謳っていない業者でも使うことが有るので注意が必要。

 

あなたは、

 

「どうやって見分けるの?」

 

と思うかもしれませんが、意外と簡単です。

 

SEO対策に対する支払い方法が成果報酬型の場合は、被リンクを使って検索上位を狙うケースが多い。

 

理由は、Googleのアルゴリズムを完全に理解している事はありえないため、成果報酬型というリスクを犯すのはおかしいと考えるべきです。

 

あなたがSEO対策を依頼する側だとすれば、支払いが成果報酬型の場合、親切ないい業者さんに見えるかもしれません。

 

ですが、業者さんも仕事ですからお金がもらえないことはしません。

 

そう考えると、短期間で結果が出せる方法は、怪しいと考えるべきです。

 

そんな方法は、被リンク以外現時点では考えられません。

 

ですから成果報酬型の業者に頼む場合は、被リンクを増やして上位表示させる方法はやりたくない旨を伝えたほうがいい。

 

要は、どんな対策をして検索上位に表示させるのかを聞いたほうがいいということです。

 

とにかくこれからのSEO対策は、コンテンツを重視したSEO対策でなくてはいけません。

 

その為、あなたが見積もりをお願いする際は、その業者が行うSEO対策がコンテンツSEOだということを確認して見積もりをお願いして下さい。

 

注意点ですが、外部リンクを利用しつつコンテンツSEOを行う業者もいますので、その場合は話し合いで外部リンクの方は使ってほしくないと言ったほうが良いと思います。

 

SEO対策のためにツールを使う

ネットビジネスには、本当に多くのツールが存在します。

 

それは、SEO対策の分野でも同じことで、SEOの為のツールも多く存在する。

 

例えば、記事を書く際には、キーワードはかなり重要となります。

 

SEO対策の面で考えても、需要の多いキーワードを使って記事を書いたほうが良い。

 

そんな時、私が使っているツールが関連キーワード取得ツールです。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

 

関連キーワード取得ツール SEO

上図のように検索窓にキーワードを入力すると関連キーワードを取得出来る。

 

他にも、goodkeywordを使うこともあります。

goodkeyword – Google/Bing/Yahoo関連キーワードツール

 

goodkeywordの良いところは、複合キーワードを掘り下げることが可能だというところ。

goodkeyword SEO

 

例えば、上図の赤枠内の「SEO対策」をクリックすると、下図のようになります。

 

goodkeyword SEO対策

「SEO対策」からさらに掘り下げて「SEO対策 基本」、「SEO対策 費用」などと言った関連キーワードを表示してくれる。

 

他には、敵のことを知るためにSEOチェキを使うこともあります。

 

いずれにしても全てを手動で調べていては、どれだけ時間があっても足りません。

 

ですから、あなたも便利なツールを使いこなし、ライバルに差をつけて下さい。

 

それでは、私がよく使うSEOチェキについて次から解説します。

 

SEOチェキを使ってライバルを裸にする

 

SEOチェキ ライバル

SEOチェキは、私がかなりの割合で使うツールになります。

 

理由は、非常に便利な割に軽快に動作するのが良い。

 

そして、SEOチェキでは、上図赤枠内の情報が取得できる。

 

  1. title・meta description・meta keywords・h1タグ
  2. 発リンク数(内部リンク・外部リンク)
  3. 最終更新日時・ファイルサイズ・読込時間
  4. Alexaランキング
  5. Google・Yahoo!の被リンク数・インデックス数
  6. 利用ホスト
  7. ドメインの登録年月日
  8. Yahoo!カテゴリ等、各ディレクトリの登録状況
  9. Facebookの「いいね!」の数
  10. ソーシャルブックマーク登録数

 

上記を知ることが出来ると、ライバルをモデリングする上で非常に便利です。

 

また、SEOチェキの検索上位サイトチェックでは、あなたが関心のあるキーワードでの上位サイトが分かる。

 

そして、そのサイトの上記の内容が分かるのでコンテンツのモデリングに役立ちます。

 

例えば、今回のSEOについて上位サイトを調べてみます。

 

SEOチェキ ツール

 

キーワードに「SEO」と入力して「チェック!をクリック。

 

SEOチェキ ツール

 

上図のように検索上位サイトが表示されますので、右の「チェキ!」をクリックするとそのサイトの情報がわかります。

 

あなたは、調べた内容を参考にコンテンツをモデリングする。

 

ただし、ブログを開設して間もない時点では、検索上位サイトと勝負しても勝つことは出来ません。

 

ですから、上位表示されるサイトの1つのカテゴリに特化して勝負する方がまだ可能性があります。

 

SEO基礎知識のカテゴリ
SEO・検索エンジンに関する基礎知識(12)
内部SEOに関する基礎知識(6)
外部リンクに関する基礎知識(2)
SEO対策 Q&Aのカテゴリ
SEO設計に関するQ&A(12)
検索結果に関するQ&A(6)
外部リンクに関するQ&A(3)
キーワード選定に関するQ&A(2)
SEO会社・サービスに関するQ&A(2)

 

例えば、今回の場合、上位表示されたサイトのカテゴリは上記のような内容です。

 

そこであなたがやるのは、「SEO基礎知識のカテゴリ」の中で一番内容が薄い「外部リンクに関する基礎知識」に特化したカテゴリを充実させるということ。

 

これは基本的な考え方で、当然これから「SEO 外部リンク」で上位表示されるサイトを研究する必要はあります。

 

それも今回のSEOチェキで調べることが出来ますので同じ手順を踏んで下さい。

 

それでは、次にあなたのブログで何をチェックしていけば良いのかを解説していきます。

 

SEO対策のためにチェックすること

 

まずは、SEO対策のためのチェック項目を挙げてみます。

 

  1. タイトル
  2. メタディスクリプション
  3. メタキーワード
  4. 見出し
  5. 画像
  6. モバイルフレンドリーか
  7. 内部リンク

 

上記が全てというわけではないですが、すぐに私が思い出すくらいですから多くの人が気にすべきポイントのはず。

 

では、順番に見ていきます。

 

1.タイトル

記事タイトルですね。

 

今回の私の記事の場合は、

 

“SEO対策とは?キーワードをツールでチェックして順位を上げる!”

 

(31文字)となっています。

 

SEOの関連キーワードは、「対策、とは、キーワード、ツール、チェック、順位」が入っています。

 

ここで注意したいのは、

 

  1. 関連キーワードが入っているか。
  2. キーワードが重複していないか。
  3. 文字数は32文字以内か。
  4. クリックしたくなるワードがはいっているか。
  5. 重要なキーワードは、左から入っているか。

 

という点をチェックする。

 

2.メタディスクリプション

SEO チェック

赤枠内がディスクリプションになりますが、私の場合特に設定していません。

 

理由は、私の記事の書き方にあります。

 

どういう事かというと、私は、記事の出だしで余計なことを書きません。

 

例えば、

 

「こんにちは木村です。

 

最近は、ジョギングにハマっているのですが、・・・。」

 

という挨拶のような出だしで記事を書く人も多い。

 

ですが私は、それを書かずにすぐに本題に入るので、ディスクリプションには余計な内容が入りません。

 

あなたがもし、挨拶から記事を書く場合は、ディスクリプションは設定した方がいいと思います。

 

なぜなら、ディスクリプションに挨拶文が表示されたらクリック率が下がる可能性が有るからです。

 

現在は、ディスクリプションの扱いはその程度の扱いで、直接検索順位を決める要因にはなっていません。

 

ただ、折角上位表示されたらクリックされる方が良いですよね。

 

その為にディスクリプションを設定した方がいいということです。

 

3.メタキーワード

今回私が設定するのは、「SEO、とは、対策、ツール、チェキ、チェック、順位、キーワード、見積もり」といったところです。

 

ですが、メタキーワードは、現在意味が無いと言われている。

 

理由は、メタキーワードは、Googleが検索順位を決定する要因にはならないと明言したためです。

 

では、なぜ私がメタキーワードを設定しているのか?

 

それは、検索結果にタグが掛かることがあり、それで助かっているケースが実際にあるからです。

 

4.見出し

私の場合、見出しは「見出し2」を使うことが多い。

 

あと、その下の「見出し3」までは使いますね。

 

今回の記事では、最初に使った見出しは、<h2>SEOとは何なのか?</h2>になっています。

 

大事なことは、

 

  1. 関連キーワードが入っているか。
  2. キーワードが重複していないか。
  3. 読みたくなるワードが入っているか。
  4. 重要なキーワードは左から入っているか。

 

ということになる。

 

「見出し」がSEO対策に影響を与えているかについては、私は与えていると思っています。

 

理由は、トレンドアフィリエイトを実践中に見出しを使うと効果があったからです。

 

5.画像

Googleのクローラーは、画像を認識することが出来ません。

 

その為、使用している画像が何に関連している画像かを伝えるのです。

 

SEO 画像

 

入力箇所は、代替テキストの欄となります。

 

HTMLでは、「alt=”SEO チェック”」となっているのですが、SEO対策上それ程有効というわけではないかもしれません。

 

ただ、Googleが判断する手助けになるのであれば、入れておいたほうが良いのは間違いないです。

 

6.モバイルフレンドリーか

モバイルフレンドリーかどうかは、ここ最近になって特に重要度が増しています。

 

理由は、スマホの急激な普及が原因です。

 

とにかくこれからは、モバイルファーストの考え方を持たないと取り残されてしまう。

 

また、検索結果にわざわざ

 

「ページがモバイルフレンドリーでありません。」

 

と表示されますので注意が必要です。

 

対策としては、レスポンシブデザインのテンプレートを利用するか、WordPressのWPtouchというプラグインをインストールするだけで構いません。

 

7.内部リンク

内部リンクに関しては、ブログ訪問者にあなたのサイト内を巡回してもらうために設定します。

 

なぜ、ブログ訪問者にブログ内を巡回して貰う必要があるのか?

 

それは、折角書いた記事を読んでほしいというのもありますが、ブログの滞在時間がのびるとSEOが強くなると言われているからです。

 

理由は、わかりますよね。

 

面白いサイトや、ためになるサイトには、人は長く滞在する。

 

それは、価値を感じるからで、それこそがGoogleが望むサイトです。

 

では、具体的にはどうするかですが、記事中に関連記事へのテキストリンクを貼る。

 

より詳しい内容が書いてある記事に誘導するのです。

 

この記事内でも

 

「その辺は私のプロフィールで解説していますので参考にして下さい。」

 

といって私のプロフィールにリンクを貼っています。

 

他には、記事下の関連記事やサイドバーの人気記事が内部リンクとなっている。

 

ここで内部リンクの注意点ですが、テキストリンクが、

 

  • 本当に関連する記事にリンクされているか。
  • 関連のあるキーワードを使っているか。

 

ということです。

 

以上が、私がSEO対策をやる上でのチェックすることになるのですが、あくまでもコンテンツが充実していることが前提条件となります。

 

それは、忘れないようにして下さい。

 

SEO対策で順位を上げることが出来るか

あなたがSEO対策を行うのは、検索エンジンでの検索順位を上げるためだと思います。

 

その対策を細かい部分まで見ていくと100以上のチェック項目があるようです。

 

ですから、全てのSEO対策を行うことは、現実問題不可能ではないでしょうか。

 

そこで、検索順位を上げるために、優先順位の高いSEO対策に力を入れることが大事になります。

 

では、最も効果のあるSEO対策とは何になるかというと

 

  • コンテンツを充実させる。
  • 被リンクを増やす。

 

ということになると先に書きました。

 

しかし、あなたが確実にできることは、コンテンツを充実させることだけです。

 

被リンクに関しては、自作自演はリスクを伴うためコンテンツを充実させた結果として、被リンクが増えたというのが理想となります。

 

では、コンテンツを充実させるためにはどうすればよいか。

 

検索する人が何を知りたいかを考える必要があります。

 

要は、検索需要のあるキーワードを調べれば良いということ。

 

では、どのようにキーワードを調べるのかを次で解説します。

 

SEO対策のためのキーワード選定

 

実際問題、個人ができるSEO対策を考えると、キーワード選定が最も実践しやすく、効果が出やすいのではないかと思います。

 

SEO対策で最も大事なことは、コンテンツを充実させることですが、コンテンツを充実させるには、知りたい人が多い情報を提供できれば良い。

 

その為には、キーワード選定をしっかり行う必要があるわけですが、実際にどうやって行うかを解説します。

 

では、今回の私の記事は、どのようにキーワード選定をおこなったのか?

 

今回私が選んだキーワードは、Googleのサジェストキーワード。

 

サジェストキーワードとは、例えば私がGoogleでSEOと検索したとします。

SEO対策 キーワード

 

検索窓の「SEO」のあとにスペースを入れると上図のように検索需要のあるキーワードが現れます。

 

なぜ、検索需要あると分かるのか?

 

それは、ここに表示されるキーワードは、Google利用者の検索履歴を元に関連キーワードが表示されているからです。

 

ですから、このキーワードを元に記事を書くのもよいのですが、ブログのSEOが強くないと検索上位に表示されません。

 

そこで、更にスペースを入れます。

 

例えば、「SEO チェキ」を例に上げると下図のようになります。

 

SEO キーワード

このように「SEO チェキ failed」や「SEO チェキ 被リンク」と言ったキーワードが出てきますので、そのキーワードで記事を書く。

 

また、Yahooの虫眼鏡を使うのも有効的です。

 

SEO 虫眼鏡キーワード

 

上図のようにSEOで検索すると、検索結果のページの下に虫眼鏡キーワードが表示されます。

 

これを、更に掘り下げるには、テキストリンクをクリックする。

 

SEO 虫眼鏡キーワード2

 

今回は、「SEO とは」と「SEO チェキ」は、更に掘り下げることが出来ませんでした。

 

その為、「SEO 順位」をクリックしたところ「SEO 順位チェック」が出てきました。

 

私の個人的な意見ですが、検索需要を考えると、Yahooの虫眼鏡キーワードの方が需要が多いです。

 

ですから、複合キーワードで記事を書く場合は、Yahooの虫眼鏡を利用することをお勧めします。

 

このようにキーワードを選定したら記事を書くわけですが、まずはネット上で関連する情報を収集する。

 

自分が知らない情報があれば更に調べていきます。

 

そして、重要な部分をメモ帳などに保存して自分の中にインプットする。

 

その後情報を整理できれば、アウトプットが記事を書く作業になるわけです。

 

その際には、読みやすい文章を書くように心がけます。

 

読みやすい文章を書くには、下記記事を参考にして下さい。

 

コピーライティングがメルマガアフィリエイトで稼ぐのに必要か?
コピーライティングのことを書いているブログは多い。   そういう私も過去に運営したブログでは、全てコ…

 

とにかくネット上にある情報をまとめ上げ、自分の言葉でわかりやすい文章にすれば価値あるコンテンツになるはずです。

 

それでSEO対策は十分だと私は考えている。

 

細かなことは、先に上げたチェック項目をチェックすればいい。

 

このようにして仕上げた記事は、定期的に記事を投稿することでGoogleに評価してもらえるようになります。

 

そして、実際にブログ訪問者が価値を感じてくれれば滞在時間が伸びますので、更にGoogleの評価が上がる。

 

そうなるとあなたは、SEO対策を特に意識する必要なく、価値あるコンテンツを作成するだけで良くなっていくのです。

 

これが、Googleが望む価値あるコンテンツだと私は思う。

 

あなたの参考になれば嬉しいです。

 

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ

 

木村