本日は、アドセンス広告をWordPressに貼る方法を、紹介します。

いろいろな貼り方があると思うのですが、私が最も簡単だと思う方法の紹介です。

簡単ですので、一度試してみるといいでしょう。

アドセンス広告の貼り方【ワードプレス編】

最も簡単なのは、プラグインを使う方法です。

記事が溜まったあとでも、広告を貼る場所を一括で変更できるのでおすすめ。

では、早速、プラグインをインストールしていきます。

Ad Inserterをインストールする

今回使用するプラグインは、Ad Inserterです。

簡単で自由度が高いのではないでしょうか。

WordPressのダッシュボードから、「プラグイン」⇒「新規追加」を選択。

プラグイン

「Ad Inserter」を検索窓にコピペしてください。

検索窓

すると、下図のように「Ad Inserter」が表示されます。

Ad Inserter

「今すぐインストール」ボタンをクリック。

有効化

インストールが完了したら、「有効化」ボタンをクリックして有効化します。

以上で、準備は完了です。

アドセンス広告のコードを取得する

Google AdSenseのサイトにアクセスします。

Google AdSense

サイドメニューから「広告」⇒「広告ユニット」⇒「ディスプレイ広告」を選択。

※今回は、ディスプレイ広告を例に解説します。

広告作成

  1. 名前を付ける
  2. 広告タイプを選ぶ
  3. 数値を入力
  4. 広告サンプルを確認
  5. 作成

順番に解説します。

①の箇所に、任意の広告名を入力。

②で「固定」か「レスポンシブ」を選択します。

もし、②で固定を選択した場合は、③で数値を入力しなければなりません。

④の箇所にサンプル広告が表示されますので確認。

問題なければ、⑤の「作成」ボタンをクリックします。

続いて、広告のコードを取得しましょう。

コード取得

取得したい広告名の右端にある「〈 〉」のマークをクリック。

広告コード

すると、上図の青枠内に該当の広告コードが表示されます。

「コードをコピー」で取得が可能です。

Ad Inserterで広告を表示する方法

では、Ad Inserterで広告を表示してみましょう。

設定

WordPressのダッシュボードから「設定」⇒「Ad Inserter」を選択。

Ad Inserter

上図の青枠内に先に取得した広告コードを貼り付けます。

その後は、下記の手順を踏んでください。

  1. 「Posts」にチェック
  2. 「Before paragraph」を選択
  3. 「1」と入力
  4. 「Default」を選択
  5. 「from top」を選択
  6. 「h2」と入力
  7. 「Save All Settings」ボタンをクリック

1つずつ解説します。

①の「Posts」は「投稿ページ」を意味します。

②の「Before paragraph」は「段落の前」。

③の「1」は1番最初という意味です。

④は広告の位置で、「Default」だと左寄せになります。

⑤の「from top」は、③の順番を前から数えてという意味。

⑥の「h2」は、「見出し2」を意味します。

ですから今回は、「前から数えて」「1(番目)」の「h2(見出し2)」の「(段落の)前」に広告を配置するという設定です。

あとは、⑦の「Save All Settings」ボタンで保存します。

他にも広告を載せたい場合は、広告コードを貼り付けた箇所の上にある別タブを選択して設定してください。

もし、記事の最初にも広告を載せたければ、②で「Before content」を選択すればいいだけ。

記事の最後に載せたければ、②で「After content」を選択します。

また、3番目の見出し2の前に載せたければ、③の数字を「3」にするといいでしょう。

ワードプレスにアドセンス広告を貼る方法について

私は色々なプラグインを試してみましたが、「Ad Inserter」が最も簡単に広告が貼れました。

また、自由度も高く、好きな箇所に貼れます。

別に、個々の記事に貼り付けてもいいのでしょうが、万が一にも変更する事態が発生したら大変です。

仮に記事数が1000記事あると、手作業だと気が遠くなるでしょう。

「Ad Inserter」なら、わずか数分の作業で終わってしまいます。

早い段階で、「Ad Inserter」を導入してはどうですか。

メルマガ登録