アドセンスブログの記事の書き方!キーワードに内容を寄せる?

アドセンスブログにアクセスは集まっていますか?

もし、キーワード選定に問題がなく、記事数もあるのにアクセスがなければ・・・

記事の書き方が間違っている可能性があります。

私も今日、外注さんにアドバイスしたことなので、参考にしてはどうでしょう。

ちなみに、読まれる記事の書き方については、下記を参考にして下さい。

▼本気でブログで稼ぐなら▼gaityu300.png

アドセンスブログの記事の書き方は?キーワードに寄せて

私の場合、記事の外注をする際は、タイトルと見出しまで外注さんに任せています。

取引を始めて数回は、私の方で見出しをつけるのですが、外注さんが慣れると任せたほうが良い記事が上がるからです。

やはり、専門分野の記事については、外注さんの方が的を得た見出しをつけます。

ところが、外注さんも楽をしたがるのか、記事内容にキーワードを寄せることが。

例えば、本日のケースだと、キーワードは「犬 名前 オス 和風」でした。

外注さんの見出しは、

  • 見出し1※解決【洋オス和風名前をつけてもいいの?】
  • 見出し2※実体験【オスにつける和風名前・・・私の本気すぎる名付け方法】
  • 見出し3※まとめ【オスにつける和風名前について】

となっていたのです。

確かに、見出しにキーワードは入っていますが、あと付け感満載だと思いませんか。

ちなみに内容は、

  • 見出し1:洋犬に和風の名前をつけてもいい理由
  • 見出し2:和風の名前をつけるときの注意点
  • 見出し3:素敵な和風の名前を見つけて下さい

となっています。

何が問題かわかりますか?

「犬 名前 オス 和風」というキーワードで検索する人の意図を、無視していることです。

キーワードから検索者の意図を考える

「犬 名前 オス 和風」で検索する人は、何を知りたいのでしょうか。

単純にキーワードの頭から順番に、考えればいいだけです。

「犬の名前」が知りたい。

しかも「オス」、さらには「和風」。

要は、「オス犬の和風の名前」には、どんな候補があるかを知りたいのです。

ですから、仮見出しをつけるなら、

  • 見出し1※解決【名前をつける!オスなら和風がいい】
  • 見出し2※実体験【私が気になったオス犬和風名前!】
  • 見出し3※まとめ【オス犬和風名前について】

といった感じでしょうか。

記事内容は、

  • 見出し1:おすすめの和風の名前を紹介
  • 見出し2:実際にこれまで出会った和風の名前を紹介
  • 見出し3:オス犬の和風の名前についての感想

になります。

とくかく、今回の場合は、「オス犬におすすめの和風の名前」を、検索者に提案すべきなのです。

情報発信ブログでの記事の書き方

本来は情報発信のブログでも、キーワードに記事内容を寄せたほうがいいです。

ですが、私の場合は、自分が書きたい内容にあったキーワードを探します。

とはいっても、「今は」です。

なぜなら、情報発信のブログは、運営が長くなるとリピーターが増えます。

リピータの読者にとっては、キーワードに寄せた記事は、あまり面白くありません。

私自身の考えを記事にするほうが、喜んでいただけるのです。

ただ、ブログを開設したばかりの状態で、自分の好きに記事を書くのはおすすめできません。

検索意図からズレた内容の記事は、検索エンジンから評価されないからです。

なぜか?

仮に一時的に記事が上位表示されても、ブログ読者はスグに離脱します。

自分の求める答えが無いのですから、当然です。

すると、ブログの滞在時間は短くなりますし、直帰率も高くなります。

結果、検索エンジンの評価も下がるというわけ。

ですから、ブログのドメインが強くなり、リピーターが増えるまでは、キーワードに寄せた記事を書きましょう。

ある程度アクセスが安定したら、リピーターのために記事を書けばいいのではないでしょか。

▼本気でブログで稼ぐなら▼gaityu300.png

アドセンスブログの記事の書き方について

私も以前は、自分の記事内容に、キーワードを寄せていました。

だから、外注さんの気持ちもわかります。

自分の書きたい内容なら、リサーチの必要がないので楽なんです。

あなたも記事を書いたことがあればわかると思いますが、もっとも大変なのはリサーチ。

ほとんどのケース、1~2時間はリサーチにかかります。

1~2時間の時間を短縮できるのですから、ズルしたくなるのも仕方ないかも。

でも、ズルした記事は、ゴミでしか無いのです。

ブログの評価を下げることを考えると、ゴミ以下かもしれません。

最初で書きましたが、もし、あなたのブログにアクセスがないなら、記事の書き方を見直すといいでしょう。

ブログ記事は、

「内容をキーワードに寄せて書く」

を意識して下さい。

 

メルマガ登録