アドセンスブログで最初の問題は?記事の書き方で迷うのでは?

アドセンスブログを始めるとき、最初に問題となるのが記事の書き方。

日記のように、好きに書いても、誰も読んでくれないでしょう。

アドセンスブログの読者は、あなたのファンではないのですから。

アドセンスブログに訪れるのは、自分の問題を解決するためです。

目的は、ただそれだけではないでしょうか。

▼本気でブログで稼ぐなら▼gaityu300.png

アドセンスブログを始めて最初の記事で手が止まってない?

アドセンスブログを開設し最初の記事で、あなたは躓いていないでしょうか。

私は文章自体、小学生のとき作文を書いた記憶しかありません。

なかには、大学で論文を書いていた人もいるでしょう。

でも、ブログ記事が論文のような文章だったら、あなたは読みますか?

私なら読みません。

なんで今さら結論までが遠い文章を、読む必要があるのか、と思ってしまいます。

だったら、どんな文章を書けばいいのでしょう。

既に記事の題材は、決まっているはずです。

あとは、文章の構成が問題なのでは。

もしくは、文章が苦手なら、文字数が稼げないというかもしれません。

心配する必要はないですよ。

これからアドセンスブログ記事の書き方を紹介します。

アドセンスブログ記事の書き方は定型でいいのでは?

私はアドセンスブログの記事は、決まった型でしか書きません。

「問題提起⇒解決」の構成のみしか使わないのです。

なぜなら、ブログ記事を読むのは、調べ物があるときだけでは。

例えば、痩せたいと思ったら、Googleの検索窓に「ダイエット 方法」と入力します。

効果的なダイエット方法を知りたいからです。

なのに、

「こんにちは木村です。まずは私の自己紹介からさせていただきます」

から始まったら、絶対に読まないでしょう。

書き手には、興味がないからです。

知りたいのは、答えだけ。

だから、答えを早い段階で書く、「問題提起⇒解決」の構成記事がいいと考えています。

問題を認識してもらい、すぐに答え(解決策)を伝えるのです。

文字数が稼げないという問題も、構成が決まれば簡単に解決できます。

次で具体的に解説しましょう。

▼本気でブログで稼ぐなら▼gaityu300.png

アドセンスブログ記事の書き方「問題提起⇒解決」

まずは、記事の骨格を作ってしまいます。

例えば、ダイエット方法について書く場合。

Googleさんにも何について書いているか知らせる必要があるので、「ダイエット」「方法」というワードを入れて記事を作成します。

記事構成は以下のような感じです。

記事の構成

前振り:

「世の中には色々なダイエット法があり、何が正しいのか迷っていませんか」

見出し1※問題提起:

【間違ったダイエット方法は危険?】

「以前、炭水化物ダイエットって流行りましたよね。でも体調を崩す人がいたって知ってますか?」

見出し2※解決:

【正しいダイエット方法を知ろう】

「ダイエットの基本は、摂取カロー<消費カロリーです」

見出し3※具体例(実体験):

【私のダイエットの結果は?】

「私も食生活の乱れや運動不足で、理想体重より10キロも太ってしまいました」

見出し4※まとめ:

【正しいダイエット方法で痩せる】

「今回紹介したダイエット方法は、私も結果を出しているのでオススメです」

最初で、上記のように見出しと書く内容を、キメてしまいます。

あとは、各パートを肉付けするだけです。

この方法だと、読者の知りたい情報を提供することが出来るうえ、記事内容がキーワードから逸れることがありません。

それに、文字数だって簡単に増やすことが可能です。

仮に各見出し400文字ずつ書ければ、1600文字をクリアできます。

アドセンスブログ記事の書き方について

アドセンスブログの最初で問題となる、記事の書き方を紹介しました。

よく使われる型なので、知っていたかもしれません。

ですが、実際に使いこなせているでしょうか。

ついつい、自分の書きやすい順番で、好きなように書いていませんか。

アドセンスブログ記事は、あなたが好きなことを書いても読まれません。

読者の知りたい答えを、返す必要があるのです。

今回紹介した記事の書き方には、他にもメリットが有ります。

各パートごとに区切ることで、読者は見出しで休憩することが出来るのです。

記事を完読することがなくても、見出し単位では読んでくれる可能性があります。

ということは、見出しの前にAdSense広告を配置すれば、出口としての役割を果たすかもしれないのです。

あくまで、都合の良い解釈ですが、試す価値はあるのではないでしょうか。

最後に記事の文字数について。

大体、見出しごとに500文字入れると、2000文字になります。

2000文字くらいが、読者にとってはちょうどいいのではないでしょうか。

最近は長文SEOとかいって、3000文字以上の記事が多くなっています。

でも、私に言わせれば、読者ファーストではないです。

そんな長い記事を読むか、っていう話。

だから私は今後も、1,500文字~2500文字程度にとどめたいと思います。

現時点でアクセスは増えているので、問題ないでしょう。

 

メルマガ登録