一貫性の法則をご存知ですか?

一貫性の法則を知っている人は、多いかもしれません。

コピーライティングを学べば、早い段階で出会うはずです。

コピーライティングがメルマガアフィリエイトで稼ぐのに必要か?

ということで、本日は一貫性の法則について書いてみます。

一貫性の法則

一貫性の法則とは?

私が一貫性の法則を知ったのは、「影響力の武器」という本を読んだときだっただろうか。

いずれにしろ、コピーライティングを学び始める時、尊敬するコピーライターに勧められた本で知りました。

ですが、一貫性の法則という言葉を知らないだけで、体験済みだった気がします。

では、一貫性の法則とは、どんな法則か?

一貫性の法則とは、文字通りです。

一度決めたことを、一貫して守り抜こうとする法則になります。

本当に単純なんですが、かなり強力な法則です。

一貫性の法則は心理学

一貫性の法則は、決めたことを守ろうとする人間の真面目な部分が現れた法則でしょうか。

実は、一貫性を持ったほうが高い評価を得られる、と思いこんでいることで起こる心理作用です。

一貫性のある人のほうが、信頼できるのは確かですよね。

逆に意見がコロコロ変わる人は、信頼できません。

だから、一貫性の法則は有効なんです。

他にも、いちいち考えるのが面倒なため、一貫性を持つということもあります。

一貫性がある考えは、惰性で行動ができるというメリットがあるからです。

自分の行動パターンが決まっていれば、ですよね。

わざわざ悩む必要がない。

その為、一貫性の法則が有効だとも考えられます。

心理学って面白いですね。

一貫性の法則で稼ぐ

アフィリエイトでは、一貫性の法則を使って稼ぐ人が多いです。

例えば、コピーライティングの教材を販売するとします。

ブログやメルマガで、コピーライティングの重要性を訴える。

何度も何度も繰り返すとメルマガ読者は、

「コピーライティングって大事なのかな?」

と思い始めます。

そのタイミングで、ミリオンライティングのような安い教材を勧める。

The Million Writing

ミリオンライティングは、人気のあるコピーライティングの商材ですが3,980円と低価格です。

情報商材の中では安いということ。

コピーライティングが学べる教材が、3,980円なら試しに買ってみてもいいかな、と思う人は多いです。

しかも、ミリオンライティングは、全額返金保証が付いていますからね。

「これで、コピーライティングが学べる」

と喜んで購入する人が多い。

ミリオンライティングという安い教材を買ってもらうのが、アフィリエイターの戦略です。

あなたがミリオンライティングを購入すれば、コピーライティングが大事だと認めたことになる。

これで、一貫性の法則のスイッチが「カチッ」と入るわけです。

その後の購入者メルマガでも、コピーライティングの重要性を説き続けます。

そして、さらなるステップアップが出来ると言って、コピーライティングアフィリエイトプログラムを紹介する。

Copyrighting Affiliate Program(コピーライティングアフィリエイトプログラム)の特典付レビュー

すでにコピーライティングが重要だと認めていますので、次のコピーライティングアフィリエイトプログラムは高い確率で購入してくれます。

簡単に書きすぎたかもしれませんが、一貫性の法則をアフィリエイトに利用した実例です。

他にも、DRMでレスポンスをもらった際に、一貫性を持たせるという方法もあります。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは?神田昌典とダンケネディから学ぶべきか?

「アフィリエイトは、コピーライティングを学べば稼げます」

「コピーライティングを学んで稼いで欲しい」

と伝える。

あなたは、

「アフィリエイトは、コピーライティングを学べば稼げるのか」

と思い始めます。

その後、コピーライティングが学べる教材を紹介するのです。

すると、

「この教材でコピーライティングが学べるのか」

「これでアフィエイトで稼げるかもしれない」

ということで購入してくれます。

一貫性の法則を使ってほしいが・・・

一貫性の法則は単純な法則ですが、本当に強烈です。

ですから、悪用はしないで欲しい。

あなたがメルマガ読者のためを思って、一貫性の法則を使うのはいいでしょう。

ただ自分の収入を増やすために、嘘をついて教材を売りつけるためには使わないでほしいのです。

一時的に儲かっても、必ずしっぺ返しが来ます。

因果応報。

自分が蒔いたタネは、自分で刈り取らなければならないのです。

あなたが一貫性の法則を、人のために使うことを祈っています。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談は、コチラからどうぞ。

木村