コピーライティングを勉強すると、4つのNOTについて学びます。

その4つとは、

  1. not open(開かない)
  2. not read(読まない)
  3. not believe(信じない)
  4. not act(行動しない)

なのですが、今回はNOT OPENについてです。

普通、メルマガの開封率をあげるには、メルマガの件名について説明します。

「メルマガの件名で興味を引いて、開封率を上げましょう」

みたいな感じです。

ですが、普通のことは、知っている人が多いハズ(笑)

それに、私のところには、

「メルマガは何時頃配信したらいいですか?」

という質問が多い。

ということで、私はメルマガの開封率に関連する配信時間について書いてみます。

▼本気でブログで稼ぐなら▼gaityu300.png

メルマガの開封率が高い配信時間は?

勘の良いあなたは、もうわかってしましました?

上の写真では、目覚ましは7時を指してますね。

「朝の7時ころ?」

残念(笑)

もっと早い朝6時ころです。

朝6時頃配信しているメルマガが、私の財布を一番潤してくれます。

メルマガの開封率が高い配信時間は、朝6時なんです。

信じられないでしょ。

私も普通のことなら、わざわざ記事にしませんからね。

メルマガの開封率を上げるため配信時間を変更

私は朝6時に配信しているメルマガを、最初は19時ころに配信していました。

先の写真の7時は夜の7時なんです(笑)

多くのアフィリエイターのメルマガ配信時間は、19時~21時くらいが多いと思いませんか?

なので、私もそれに習って配信時間をにしていました。

実際、私が今お世話になっている月収1億円のアフィリエイターも、メルマガの配信は夜8時がベストだと言っています。

それでは、なぜ、私が朝6時にメルマガを配信するようになったのか?

それは、私が気に入っているアフィリエイターが、朝5時に配信していたからです。

「最初は面白な~」

みたいに他人事でした。

それが、メルマガ読者の立場で読み始めると、朝イチでメルマガ届くのがスゴくありがたい。

目覚ましにもなるし、他のメルマガと同時に届かないので読んでしまう。

なんと私にとって、特別なメルマガになっていました。

当然いいことは真似る

スグに私も、朝イチにメルマガを配信するようになったんです。

▼本気でブログで稼ぐなら▼gaityu300.png

メルマガの配信時間を変えたら開封率が上がった

メルマガの配信時間を変更する時、一応テストしてみました。

朝の5時、6時、7時、8時といった感じです。

テストした時間の中で、もっとも開封率がよく、反応も良かったのが朝6時

これは本当に驚きました。

売上が目に見えて上がったのです。

ここであなたは、

「ちょっと、木村のメルマガの配信時間は?」

と言うかもしれません。

そうなんですよね。このブログのメルマガ配信時間は夜8時なんです。

「お前、言っていること違うだろ」

と怒らないで(汗)

今、説明しますからね。

実は、ターゲット層によって、メルマガの開封率が高い配信時間が違うのです。

例えば、私が一番収益を上げているブログは、ターゲット層が40代以上のアフィリエイト初心者。※男性が多い

ですから、40代以上のアフィリエイト初心者の場合は、朝6時のメルマガ配信が開封率が高い。

ちなみに今回のブログの場合、私が応援しているのは主婦になります。

主婦の場合は、夜8時がいいようです。

こちらも、メルマガの配信時間をテストしてみました。

主婦の場合は、朝はイマイチの反応です。

それよりは、夜8時がメルマガの開封率もいいし、連絡もいただけます。

私の考えでは、主婦にとって朝イチは忙しい時間なのでしょう。

ですから、夜の家事が終わる時間くらいがいいのかもしれません。

メルマガの開封率を上げるために配信時間を考える

もし、あなたがこれからメルマガを配信する場合、あまり固定観念にとらわれないほうがいいです。

私のお気に入りの朝5時にメルマガを配信してくるアフィリエイターは、月収1億円のアフィリエイターと比べると収入は劣ります。

ですが、固定観念にとらわれず、自分の考えで情報発信している。

ただ、あなたは、まずは真似した方がいいと思います。

例えば、主婦層をターゲットにするなら、メルマガの配信時間を夜8時にするとか。

または、若い人をターゲットにする場合は、夜9時以降にするとかです。

自分のスタイルが確立したら、自分の考えでメルマガの配信時間を決めればいい。

アフィリエイトに限らず、多くのことが日々変化しているんです。

あなたが新発見をすることを期待しています。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

木村

メルマガ登録