以前から、記事中に表示される目次に関しては、質問が多かったです。

WordPressのブログに表示させる目次のこと。

WordPressでの問題は、殆どがプラグインで解決できるのですが、ブログを書くのも初めての人は知らないのが当たり前。

ということで、今回は、WordPressのブログに、目次を表示させる方法を解説します。

WordPress 目次

WordPressで目次を表示させるプラグイン

WordPressで目次を表示させる場合、HTMLで目次を作成するという方法もあります。

ですが、自動で目次が生成されるなら、自動のほうが楽でいいに決まっていると思う。

ということで、WordPressで自動で目次が表示されるように設定します。

やり方は非常に簡単です。

WordPressのプラグインをインストールするだけ。

WordPressは、本当に便利なプラグインが多い。

しかも、無料なのですからびっくりしますよね。

今回、目次を表示させるために使うプラグインは、「Table of Contents Plus」です。

WordPressの目次を表示させるプラグインをインストール

それでは、WordPressの目次を表示させるプラグインを、インストールしていきます。

WordPress プラグイン

WordPressのダッシュボードからプラグイン→新規追加を選択。

プラグイン 新規追加

右上の検索窓に「Table of Contents Plus」をコピペします。

Table of Contents Plus

「Table of Contents Plus」が表示されますので、今すぐインストールをクリック。

プラグイン 有効化

Table of Contents Plusがインストールされますので、有効化ボタンをクリックして有効化します。

WordPressの目次を表示させるプラグインの設定

目次を表示させるプラグインは、簡単にインストール出来たと思います。

あとは設定だけです。

「え~、まだなんかやんの?」

と、あなたは言うかもしれません。

ですが、最初だけの設定なので、もう少しだけ頑張りましょう。

プラグイン 設定

ダッシュボードの設定→TOC+を選択。

目次 設定

上図は私の場合の設定です。

位置はデフォルトでは「最初の見出しの前」になっていますが、私は最初の見出しの後にしています。

理由は、最初の見出しの前には、画像を入れるようにしているからです。

ここで見出しがわからない場合は、下記記事を参考にして下さい。

ブログ記事の見出しって?WordPressの場合で解説!

次にコンテンツタイプですが、postにもチェックを入れています。

理由は、固定ページ(post)でも目次を使うかもしれないと思ったからです。

あとは、見出しテキストを変更しています。

  • Contents→この記事の目次
  • show→表示
  • hide→非表示

といった感じで日本語に変更。

目次

他に手を加えたのは、上級者向けの箇所です。

表示をクリック。

目次 除外

見出しタグの5,6のチェックを外しました。

この階層まで目次に表示させると、ウザくなると感じたからです。

他にも除外する見出しを設定。

除外する見出しを設定しないと、関連記事の見出し(関連記事)まで目次に表示されます。

上級者向けと書いてはいますが、この程度なら出来ると思いませんか。

是非、面倒が臭がらずに設定してみて下さい。

WordPressの目次を表示させるのは?

よく、

「目次はSEO対策になるのですか?」

という質問があります。

ハッキリいうと、目次はSEO対策には関係ない。

SEO対策とは?キーワードをツールでチェックして順位を上げる!

では、なぜ目次を表示するのか?

あなたのように忙しい方の時間をムダにしないためです(笑)

記事を読み始める前に目次があれば、興味のある部分だけ読むことも可能。

実際、私は多くのサイトを見て回りますが、殆ど目次で読む箇所を決めます。

記事を全部読むことなど殆どない。

得たい情報だけをチョイスするので、目次のないブログの記事は読みません。

ですから、あなたのブログは目次を表示させてくださいね。

あなたがブログ訪問者のことを考えることを祈っています。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

木村