昨日も年収の話しをしましたが、年収1000万円の生活について考えてみたい。

 

世間的には、年収1000万円だと凄いと感じるレベルではないですか?

 

あなたも年収1000万円を目指しているかもしれませんね。

 

年収1000万円 生活

 

年収1000万円の生活

まずは、年収1000万円だと、どのくらいの手取りになるのでしょう。

 

調べてみると、約730万円のようです。

【年収手取り額早見表】年収の手取りを年収別(年収300万円~年収3000万円)で解説
【年収手取り額早見表】年収の手取りを年収300~年収3000万円の年収別で詳しく解説!

 

仮に年2回のボーナスで、1回に給与の2ヶ月分が支給されると仮定すれば、

 

730万円÷16ヶ月=45万6,250円

 

となり、年収1000万円のサラリーマンの月の手取りは約46万円となる。

 

ここから生活費を見ていきます。

 

  • 家賃150,000
  • 保険40,000
  • 水道光熱費15,000
  • 通信費16,000
  • 車関連20,000
  • 食費40,000
  • 生活用品・雑費10,000
  • 娯楽・遊興費10,000
  • 被服費30,000
  • 交通費・医療費10,000
  • 交際費20,000
  • 小遣い60,000(2人分)
  • 合計:421,000

 

上記は、ある家庭の1ヶ月の出費ですが、子供がいない夫婦です。

 

456,250円ー421,000=35,250円

 

となり、月に35,250円は残ります。

 

ボーナスには手をつける必要がありません。

 

そうすると、年間に2,248,000円貯蓄ができる。

 

もし、お子さんがいるとどうなるのか?

 

お子さん1人あたり年間に100万円前後かかるようです。

【保存版】子育てにかかる費用のすべてを解説します|ベネッセ教育情報サイト
【ベネッセ|育児・子育て】子育てにはいったいどのぐらいのお金がかかるかご存じでしょうか。そして資金を貯めるには、いつまでにどのように対応したらよいのでしょうか。当然ながら、お子さまの進路などによっても対応策は異なってきます。そのため、さまざまなケースに対応できるように早めに対策は練っておくべきといえます。

こうした子育て費用に関する知識の共有、そして疑問点を解決すべく、「子育て費用の全知識」を解説していきます。お子さまの状況を考慮しながら、子育て費用もカバーできるように、不安な要素を残さず楽しい子育てができるようにしていただければと思います。

 

それを計算に入れると、3人のお子さんがいれば、年収1000万円では赤字になります。

 

年収1000万円で生活するのは、夫婦2人だと大丈夫そうですが、お子さんがいるとちょっと計画性をもつ必要があるようです。

 

年収1000万円で手取りが少ないのは?

先に年収1000万円だと手取りが、約730万円だと書きました。

 

では、半分の年収500万円では?

 

手取りで約395万円です。

 

年収が半分でも手取りは半分ではない。

 

730万円の半分が365万円ですから、30万円も多くなっています。

 

これは、累進課税といって、収入が増えると税率が上がるためです。

 

でも、以前からすると、だいぶ改善されています。

 

というのも消費税の導入のお陰。

 

消費税は、収入に関係なく誰でも8%を納めなければなりません。

 

これは、収入の多い人の税率を下げるために導入されたと言ってもいいんです。

 

お金持ちに都合の良い社会づくりというわけ(笑)

 

ですから、年収1000万円の人の手取りが少ないのは、まだまだ消費税率が低いからと言えるんです。

 

あなたが年収を増やしたいと考えているなら、消費税率の引き上げに賛成した方がいいかもしれませんね^^

 

年収1000万円の生活は?

私は年収1000万円の生活を考えた時に、田舎だったら余裕だと感じました。

 

まあ、田舎には年収1000万円を貰える企業がないですから、夢物語だという人もいるでしょう。

 

ですが、ネットの普及で大企業に就職していなくても、年収1000万円を稼ぐ人が出ています。

 

特に、私のようなアフィリエイターに多い。

 

トップアフィリエイターと言われる人達は、月収で100万円を超える人達ですから、年収で1200万円を超えています。

 

※トップアフィリエイターに興味があれば、下記記事で紹介しています。

トップアフィリエイターのブログから学ぶ!具体例を紹介!
私はトップアフィリエイターという響きが好きです。   アフィリエイターであれば、誰でもそうかもしれま…

 

で、年収1000万円を超えるアフィリエイターに聞くと、

 

「月収100万円までは生活は変わらないよ」

「月収200万円になったら好きな事が出来る」

 

と言う。

 

ただ、私のように南の島で生活するのであれば、月収100万円でも十分です。

 

それ以上稼いでも、使う場所がない(笑)

 

田舎が嫌いな人は、頑張るしかないでしょう。

 

しかし、年収1000万円って、それほど贅沢な生活が出来ないんですね。

 

年収1000万円の生活を手に入れる

年収1000万円の生活に憧れる人は多いでしょう。

 

ですが、現実に年収1000万円の生活を手に入れようと努力する人は少ない。

 

なぜなら、サラリーマンが、将来年収1000万円を貰えるかどうかは、現時点で既に答えが出ているといっていいからです。

 

将来あなたが自分の会社の部長になれそうであれば、今の部長の収入があなたの将来の収入になる。

 

現在の部長の収入が年収700万円なら、あなたは年収1000万円の生活を手に入れる事はできない。

 

それならどうするか?

 

あなたは諦めるはずです。

 

私達専業のアフィリエイターは、そこで諦めなかった人種(笑)

 

「何が何でも年収1000万円の生活を手に入れてやる」

 

と思い続けただけ。

 

というか、

 

「お金と時間の自由を手に入れる」

「人生をハッピーに生きる」

 

と強く思い努力した。

 

わずかな期間でしたが、

 

  • 友達とも遊ばない
  • 休みもない
  • 睡眠時間もない
  • 確約もない

 

という状況でも諦めなかった。

 

別に年収1000万円の生活が全てではありません。

 

人それぞれ幸せの基準は違います。

 

だから、あなたは自分の人生を楽しめばいい。

 

私も自分の人生を楽しみます。

 

お互い楽しく生きましょうね。

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

 

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

 

木村