昨日は、GoogleAnalyticsの使い方を解説したので、本日はFetch as Googleの使い方を解説します。

 

もし、GoogleAnalyticsの登録が済んでない場合、今すぐ登録して下さい。

GoogleAnalyticsの使い方!大事なのは分析後の改善!
GoogleAnalyticsの設定と使い方について質問が多いので、記事にしておきます。   今回は…

 

GoogleAnalyticsの登録が済んでいれば、Fetch as Googleの登録もスムーズです。

 

Fetch as Google 使い方

 

Fetch as Googleを使う前に

Fetch as Googleを使うには、Search Consoleにあなたのサイトを登録する必要があります。

 

Search Consoleには、下記よりアクセスして下さい。

Google Search Console

 

Fetch as Google Search

(※画像はクリックすると原寸大で表示されます。)

 

赤枠内にあなたの運営するウェブサイトのURLを入力し、プロパティを追加ボタンをクリックします。

 

Fetch as Google GoogleAnalytics

 

上図を見るとわかりますが、Googleアナリティクスの登録が済んでいると楽です。

 

確認ボタンをクリックして下さい。

 

Fetch as Google

 

所有権が確認されると上図のように表示されます。

 

続行をクリックして下さい。

 

Fetch as Google サイトマップ

サイトマップがありませんと表示された場合、サイトマップを作成してくれるプラグインを導入しましょう。

 

Google XML Sitemapsをインストールします。

 

WordPress プラグイン

 

プラグイン→新規追加をクリックします。

 

WordPress プラグイン インストール

 

プラグインの検索窓にGoogle XML SitemapsをコピペしてEnter。

 

WordPress Googlexml

 

今すぐインストールをクリック。

 

WordPress プラグイン 有効化

 

有効化ボタンをクリックして有効化して下さい。

 

Fetch as Google クロール

 

Search Consoleのダッシュボードのクロール→サイトマップを選択して下さい。

 

Fetch as Google サイトマップの追加

 

画面右上に現れるサイトマップの追加/テストボタンをクリックします。

 

Fetch as Google sitemap.xml

URLの入力は、sitemap.xmlをコピペし、送信ボタンをクリックして終了です。

 

Fetch as Googleの使い方

Fetch as Google 登録

 

登録したウェブサイトのURLをクリックします。

 

Fetch as Google

 

ダッシュボードのクロール→Fetch as Googleを選択。

 

Fetch as Google 記事

 

本日の記事のURLがhttps://non365.net/archives/2186なのですが、その内archives/2186だけコピペします。

 

で、取得ボタンをクリック。

 

Fetch as Google

 

完了したら、インデックス登録をリクエストボタンをクリックしてください。

 

Fetch as Google

 

私はロボットではありませんにチェックを入れ、このURLのみをクロールするを選択し、送信ボタンをクリックします。

 

Fetch as Google 完了

 

インデックス登録をリクエスト済みとなれば完了です。

 

Fetch as Googleを使う理由

Fetch as Googleを使うのは、少しでも早く検索エンジンにインデックスしてもらうためです。

 

例えば、ブログの開設当初はなかなかインデックスしてもらえません。

 

先日無料オファーのレビュー記事を集客に使うと言いましたが、早い者勝ちのレビュー記事でインデックスされるのが遅いのは致命的です。

無料オファーでの稼ぎ方!アフィリエイトしない理由は?
あなたは無料オファーという言葉を知っていますか?   ネットビジネスに関心があれば、聞いたことがある…

 

ですから、日頃からFetch as Googleを使って、早くインデックスされるような環境を作っておきます。

 

これは、SEO対策として非常に有効。

 

「私は毎日記事を更新してますよ」

 

とGoogleにアピールすることになるからです(笑)

 

Fetch as Googleを使えば絶対インデックスされるわけではないですが、

 

「やれることはやる」

 

という姿勢が大事。

 

この僅かな差の積み重ねが、稼ぐ人と稼げない人の差です。

 

Fetch as Googleインデックス登録するデメリット

Fetch as Googleの使い方を解説しましたが、Fetch as GoogleというかGoogleのツール全般を使うのを嫌がる人がいます。

 

私が知る限りトップアフィリエイターに多い。

 

それは、ブラックハットなSEO対策を施しているからです。

 

ブラックハットのSEO対策とは、Googleを騙して検索順位を上げる方法になります。

 

例えば、自作自演の被リンクを使うやり方などです。

 

お金を出して被リンクを買う人も一緒。

 

ブラックハットなSEO対策をする人に言わせると、

 

「Googleのツールを使うと、自分のサイトの内情が全てGoogleに筒抜けになるので、ペナルティを受けやすい」

 

とのこと。

 

「なるほどね~(笑)」

 

私はブラックハットが悪いとかはいいません。

 

ただ、私の場合は今のやり方で満足しているので、Googleのツールを使っているだけ。

 

 

Fetch as Google チェッキ

 

私のやり方で、コピーライティングアフィリエイトプログラムというキーワードで、4位まで上がってきました。

 

Fetch as Google SEO

 

「コピーライティングアフィリエイトプログラム 特典」は狙い通り1位です。

 

お陰でコピーライティングアフィリエイトプログラムは売れています。

 

今日もこの記事を仕上げたらFetch as Googleでインデックス登録する予定。

 

あなたもまずは私のやり方を真似てみてはどうでしょう。

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

 

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

 

木村