最近気になっているコピーライターが、“6分間文章術”という本を勧めるので、読んでみることにしました。

今までは、コピーライティングの勉強で、本を読むことはなかったのですが、これからは本からもインプットしようと思います。

理由は、ネット上の情報には、そろそろ飽きてきたからです(笑)

6分間文章術 本

6分間文章術(コピーライティングの本)とは?

6分間文章術という本は、題名から分かると思いますが、文章を書くための術を教えてくれる技術書です。

コピーライティングの本というよりは、ライティングの本になるかもしれません。

ただ、わかりやすい文章を書くという面では、コピーライティングのスキルアップに役立つのかも。

そう思って“6分間文章術”を購入しました。

私の場合、思ったらすぐに行動しないと気がすまないので、Kindle版です(笑)

※Kindle版とは、ダウンロードしてすぐ読める電子書籍ですね。

“6分間文章術”では、本の中で解説しているエンパシーチャートを使えば、文章に一貫性が持てると解説されています。

また、最も特徴的なのは、共感が得やすい文章が書けるようになるらしい。

「らしい。」

というのは、エンパシーチャートを使った、エンパシーライティングを習得すればということです。

ここで、勘がいいあなたは、もうわかったかもしれません。

そうなんです。“6分間文章術”を読んだだけでは、エンパシーライティングを習得するのは難しい。

6分間文章術の中身は?

“6分間文章術”の内容は、

  • 出版社: ダイヤモンド社 (2013/6/21)
  • 中野 巧 (著)
  • ソフトカバー¥ 1,404
  • Kindle版 ¥ 1,123
  • 172ページ

となっています。

そして、“6分間文章術”の中身は、下記の通りです。

目次

神田昌典氏はじめに:文章がうまくなるという嘘

Part1:あなたの文章に革命が起こる「7つの共感スイッチ」

Part2:【埋める→貼る→つなぐ】だけ!あなたの文章が6分間で変わる

Part3:もしもビジネス経験のない女子高生が、集客のためにエンパシーチャートを使ったら

Part4:5つのストリーの「型」で、あなたらしい文章に変わる

おわりに:共感を生み出す最大のカギ

謝辞

参考文献

「著者」

感想としては、“神田昌典氏はじめに 文章がうまくなるという嘘”で、かなり神田昌典さんが期待をもたせます。

神田昌典さんといえば、ダイレクトレスポンスマーケティングの権威ですから、期待してしまうわけですよ。

※ダイレクトレスポンスマーケティングと神田昌典さんについては、下記記事を参考にして下さい。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは?神田昌典とダンケネディから学ぶべきか?

で、Part1から期待が膨らむのですが、なかなか本題に入らない。

触りと、実績で期待だけ膨らませ、そして本が終わってしまいます。

「えっ~。」

「なるほど、フロントエンドね。」

と納得するわけです。

フロントエンドに関しては、後ほど解説します。

6分間文章術を実践する

“6分間文章術”のエンパシーチャートについては、動画の中で解説してますし、活用法も大まかに解説されています。

基本的に、本で得られる情報は、動画とほぼ変わりません。

もし、勘がよければ、

「動画だけで、“6分間文章術”を理解できるかもしれない。」

私はそう思います。

なぜなら、私が、“6分間文章術”を読もうと思ったのは、あるコピーライターの紹介です。

先に書きましたよね。

そのコピーライターは、私に

「僕の文章は、“6分間文章術”で書いているんです。」

と言いました。

という事は、本を紹介してくれたコピーライターは、“6分間文章術”の本だけで、エンパシーライティングを習得したことになります。

ですから、勘がいい人や、コピーライティングのスキルが高い人であれば、“6分間文章術”の本や動画で本質がわかるのだと思う。

では、オマケに実践編の動画もどうぞ。

エンパシーチャートに興味があれば、下記より無料でダウンロード出来ます。

https://www.empathywriting.com/ewm/ec/

私も本を読みながら実践してみたのですが、エンパシーチャートの凄さが分からない。

確かに、“6分間文章術”の理屈はわかるのですが、私が、普段記事を書く際も、似たようなことはしているので、何が魔法なのかが分かりません。

もしかしたら、あなたには宝のツールだったりして(笑)

6分間文章術は勉強になる?

“6分間文章術”は、本だけで実践するのは難しい。

あなたが、動画を見て実践できるのであれば、それはいいことです。

ですが、私は、今のところエンパシーチャートを、使いこなせない。

“6分間文章術”という本が、コピーライティングの勉強になったかと言えば、

「エンパシーライティングというテクニックが有るんだ。」

という知識は持てました。という程度です。

本当は、“6分間文章術”のテクニックは、凄いのかもしれません。

ですが、“6分間文章術”の本は、フロントエンドに過ぎないので、エンパシーライティングをマスターするために書かれてはいない。

その証拠に、公式ホームページでは、講義やセミナーの案内があります。

ここで、少しフロントエンドについて説明すると、フロントエンドというのは、マーケティング手法の1つです。

詳しくは今度記事にしますが、簡単に言うとフロントエンドは、本当に売りたい商品の為の撒き餌のような役割。

※5・31更新:フロントエンドに関しては、下記記事を参考にして下さい。

フロントエンドとバックエンドの商品とは?詐欺ではないですよ!

“6分間文章術”という本で、エンパシーライティングに興味をもたせ、

「習得すれば、読者を思い通りに行動させる事ができる。」

と期待させます。

そして、公式ホームページでリスト取り。

先に紹介したエンパシーチャートの無料ダウンロードが、メルマガ登録ページになっているわけです。

そして、メルマガで教育後、

「講義を受けると、エンパシーライティングが習得できますよ。」

と、本命の講義を勧める。

ちなみに、エンパシーライティングの講義の金額は、下記のようになっています。

ベーシックコースは、3時間で27,000円。

エンパシーライティング1DAY講座は、5万円。

エンパシーライティング・マスター講座は、10万円。

別に、コンサルやセミナーで考えれば高くはないかもしれませんね。

ということで、“6分間文章術”は、フロントエンドだったという結論。

参考になれば幸いです。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

木村