本日は、メルマガアフィリエイトのリストのことについて書いてみます。

メルマガアフィリエイトでは、リストを集める事が最も大事なことです。

メルマガアフィリエイトをやっている人にとっては当たり前のことで、それが仕事だと言っても良いかもしれません。

※メルマガアフィリエイトに関しては、下記記事を参考にして下さい。

メルマガアフィリエイトで稼げないのはあなたのせい?DRMで稼げ!

この記事を読んでいるあなたは、まだメルマガアフィリエイトについて勉強中かもしれません。

ですからまずは、メルマガアフィリエイトでリストを集めるのがなぜ必要かを書いてみます。

メルマガアフィリエイトでリストを集めるのが必要な理由

これは、先に紹介した記事と重複するので簡単に説明しますね。

まず、メルマガアフィリエイトとは、メルマガを使ってアフィリエイトを行っていく手法です。

という事は、メルマガを読んでくれる人がいないと商売になりません。

そのメルマガ読者がリストにあたるわけです。

メルマガ読者=リスト

こんな感じで理解してもらうとわかりやすいですかね。

ちょっと言葉が悪いですが、見込み客リストだと思って下さい。

それで、そのリストに対してダイレクトレスポンスマーケティングと言う手法を使ってアフィリエイトをしていきます。(※あなたがDRMについてイマイチ理解できてない場合は、先に記事を読んで下さいね。)

ここまでで、メルマガアフィリエイトでリストを集める理由がわかってもらえましたか?

せっかくですから、リストについてもう少し詳しく解説しますね。

リストには種類があって、より価値があるのがハウスリストと呼ばれるものです。

そしてハウスリストとは、名前とメアドがセットになっているリスト。

ここまで来てなんですが、リストとはメアドのリストのことです。(※メルマガ読者だと言ったのでわかっていたとは思いますが念の為。)

では、なぜハウスリストのほうが良いのか?

それは、名前がわかっていなければ、あなたという呼びかけしか出来ないからです。

言っていることが理解できますか?

例えば、あなたの名前が田中さんだとします。

その場合、私は、

田中さんに聞いてほしいことがあるんです。」

ということが出来ます。

しかし、メアドだけだと、

あなたに聞いてほしいことがあるんです。」

となりますよね。

あなたは、どちらに親しみを感じますか?

あなたも、名前を呼ばれたほうが親しみを感じるはずです。

なので、メルマガアフィリエイトで必要な共感を得るには、ハウスリストのほうが良いんです。

では、そのハウスリストを集める方法は?

メルマガアフィリエイトで必要なハウスリストの集め方

メルマガアフィリエイト リスト 集め

この記事を読んでいるあなたは、メルマガアフィリエイトでのリストの集め方に興味があるかもしれませんね。

私もメルマガアフィリエイトを始めた当初は、リストの集め方にかなりの興味がありました。

なぜなら、メルマガアフィリエイトは、リストさえあれば稼げると思っていたからです。

これは、間違いではないのですが、DRMを使えるとより効率がいいので、リストの集め方と並行して学んだほうがいいですね。

では、リストの集め方を紹介していきます。

メルマガアフィリエイトでのリストの集め方1

まず無料でというならブログでのリスト集めが一般的です。

SEO対策を施してのリスト集めですね。

※SEOに関しては下記記事を参考にして下さい。

SEO対策とは?キーワードをツールでチェックして順位を上げる!

メリットは、当然ですが無料でリストを集められます。

私もこの方法をメインにしてリストを集めていました。

と言うか、私のメインブログはそれだけで今でもリストを集めています。

ですが、当然デメリットもあります。

それは、どうしても時間がかかるということです。

日々、ブログの記事を更新し、Googleでの検索順位を上げていくしかありません。

これは、地道な作業の積み重ねです。

このリスト集めの方法だけに頼っていると、殆どの人はアフィリエイトで稼ぐことを諦めてしまいます。

普通の人はモチベーションを維持できないですからね。

やはり、作業をやる以上報酬がないとやる気が起こりません。

「続ければ稼げるかもしれない。」

という期待だけでは続けられないということです。

メルマガアフィリエイトでのリストの集め方2

昔から使われている方法で、無料レポートスタンドを利用する方法です。

ハウスリストという意味では、インフォゼロをオススメします。

ただ、最近は、よほど優れた無料レポートでないと、無料でリストを集めることは出来ません。

理由は、無料レポートの質が向上し、形だけの無料レポートでは相手にされないからです。

ですから、あなたがチャレンジするとなれば、かなりの時間が必要になると思って下さい。

無料レポートを作成したことがあるならわかると思いますが、それなりのものを作るとなるとPDFで100ページを超えることになります。

しかも、内容が伴わないといけませんので、かなりのリサーチも必要です。

そう考えると、無料レポートスタンドを利用する場合でも、有料の読者増サービスを利用した方がいいかもしれません。

読者増サービスに関しては、下記記事を参考にして下さい。

インフォゼロリスト収集サービスは使えるか?レビューしてみる!

ただ、上記記事を読んでもらうと分かるのですが、最近の無料レポートスタンドのリストは反応が悪いです。

無料レポートスタンドを知っている時点で、それなりの知識を持っているからかもしれません。

メルマガアフィリエイトでのリストの集め方3

メルマガアフィリエイトで稼いでいる人が使っている方法ですが、お金を使ってリストを集める方法です。

具体的には、PPC広告やFacebook広告を利用して集客します。

Facebook広告に興味がる方は下記記事を参考にして下さい。

Facebook広告解体バイブル(衣川泰司)は使えるか?

こちらの有料広告を使ってリストを集める方法は、リスト1件あたりの単価が問題になります。

理由はわかりますよね。

1000件のリストを集めるのに広告費が50万円かかったとします。

そして、そのリストからの売上が20万円だとすれば、30万円の赤字なわけです。

赤字ではメルマガアフィリエイトをやる意味がありません。

利益を出すには、20万円以下で1000件のリストを集める必要があります。

そうすると、リスト1件当たりの単価は、200円以下という事です。

リスクを考えるなら半分以下の100円以下に抑えなければなりません。

これは、あなたのDRMのスキルがどれだけのものかをテストしながら投資する必要があるでしょう。

ですから、有料広告でのリスト集めは、ある程度実績を積んでからのほうがいいのは間違いありません。

しかし、SEOに頼ったリスト集めでメルマガアフィリエイトを諦めるくらいなら、有料広告を途中でテストする価値はあります。

メルマガアフィリエイトでのリストの集め方4

ここで紹介するのは、アフィリエイターを使ってリストを集める方法です。

よく無料オファーという言葉を聞くと思いますが、登録する側は無料で、案件を紹介するアフィリエイターは、登録させた数によってアフィリエイト報酬をもらいます。

最近は、アフィリエイト報酬の単価が上がってきているようですので、それなりに実力がある人や資金のある人でないと難しいかもしれません。

実際に、このタイプのリスト集めをしている人は、業界でも有名な人が多いです。

有名ということは、それなりの実績と資金力があるのはわかりますよね。

メルマガアフィリエイトでリストを集めるのは?

メルマガアフィリエイト リスト 集める 稼げる

結論から言ってしまうと、メルマガアフィリエイトでリストを集めるのは稼ぐためです。

DRMの基本である集客の部分がリストを集めるという作業になります。

そして、リストを集めることが出来れば、あとは稼ぐ金額が多いかどうかの問題だけで、収益化はそれほど難しくありません。

実際問題、稼いでいるアフィリエイターのメルマガをリライトするだけでも稼げます。

「そんな簡単に?」

と、あなたは言うかもしれません。

ですが、リスト集めが出来れば、ほぼ売上が上がるのは確定したようなものです。

例えば、私は、コピーライティングのスキルやDRMのスキルが無いときから収益化出来ています。

それは、スキルがなくても、リスト数が増えたからです。

それだけ、リストを集めることが大事だということを、あなたには理解して欲しい。

こんなことを書くと、批判的な意見もあるかもしれませんが、これが現実です。

極端な話ですが、お金があればアフィリエイトで稼ぐことは難しくありません。

手順としては、

  1. ブログとメルマガを外注で作成する。
  2. リストを有料広告で集める。
  3. リストにメルマガを配信する。

たったこれだけの流れで稼げます。

あなたのやることは、お金を投資することと少しの作業のみ。

結局、メルマガアフィリエイトでは、リストさえ集めれば稼げるというこです。

リストを集めるのは、お金を集めることに等しいといえますね。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

木村