本日は、インフォゼロリスト収集サービスについて書いてみたい。

まず、インフォゼロを知っている人がどれくらいるだろうか?

あなたは、インフォゼロってなに?

と思うかもしれません。

まあ、情報商材アフィリエイトに興味があるのであれば、「インフォ」がついていればASPなのかと考えるかも。

ですが、インフォゼロというのは、ASPではなく無料レポートスタンドのことになります。

無料レポートスタンドは、メルぞうが代表的で無料レポートが登録されている場所になる。

インフォゼロリスト収集サービスとは?

簡単に言うと、インフォゼロリスト収集サービスは、読者増サービスになります。

すぐにセールスレターを見たい方は下記より御覧ください。

http://admall.jp/af.php?shn=10000194&aff=10022650

読者増サービスとは、無料レポートスタンドの有料サービスで、お金を払ってリストを購入することを言います。

SEO対策に時間をかけるよりは、手っ取り早くお金で解決してしまう。

インフォゼロリスト収集サービスは、そんな人にもってこいのサービスといえます。

インフォゼロを使うメリットは、属性を絞ってリストの収集が可能だということ。

どういう事かというと、カテゴリを指定してそのカテゴリに関心がある人だけを集めることが可能です。

インフォゼロリスト収集サービス

例えば上図を見て頂くと分かるのですが、カテゴリに「ビジネス・稼ぐ」が有ります。

そして、そのサブカテゴリに「アフィリエイト」、「ネットビジネス」があるのがわかりますか?

これを見るとわかると思うのですが、「ビジネス・稼ぐ」のカテゴリで集客できれば、情報商材アフィリエイトの客層にマッチしたリストが収集できるということです。

デメリットは、インフォゼロリスト収集サービスで集めるリストは、同時に10人のアフィリエイターが同じリストを手にすることになる。

なぜなら、無料レポートスタンドの集客方法は、無料レポートをダウンロードしたい人が、メルマガを受け取ることを条件に無料レポートを手に入れます。

その際の受取るメルマガの数がインフォゼロの場合、10件と決まっているわけです。

ですから、無料レポートを1件手に入れると自動的に10件のメルマガが送られてくる。

そうなると、あなたがリストを手に入れた時点で、他9人のライバルと競争する事になります。

結構ハードな戦いになると思いませんか?

では、インフォゼロリスト収集サービスの中身はどうなっているのかを次で解説します。

インフォゼロリスト収集サービスの中身は?

インフォゼロリスト収集サービス 中身

インフォゼロリスト収集サービスの中身と言っても、リスト数と単価になるわけですが、それは下記のような感じです。

リスト件数  価格      現在の納品目安

500件   21000円  お申し込みより3~6日ほど

1000件  31500円  お申し込みより5~10日ほど

2000件  52500円  お申し込みより10~20日ほど

3000件  73500円  お申し込みより15~30日ほど

5000件 
105000円  お申し込みより1~2カ月日ほど

注1)実際の納品期間は記載期日を前後する場合がございます。
注2)当サイトからのお申し込み後のキャンセルは出来かねますのでご了承ください。
注3)読者リスト収集時はカテゴリを絞り込んでのリスト収集も可能となっております。
(上記収集期間は「全てのカテゴリ」からの収集を行った際の目安となります。)

引用元:http://www.info-zero.jp/koukoku/

上記を見ると分かるのですが、500件で21,000円と言うのは、他の無料レポートスタンドと比べると安いです。

しかし、リストは安ければいいというものでもない。

要は、質が最も重要となります。

その話は、後でするとして、少し期日に関して補足しておくと、カテゴリを絞り込んでリスト収集をする場合、500件でも20日ほどはかかりました。

参考にして下さい。

インフォゼロリスト収集サービスを利用するには?

インフォゼロリスト収集サービスを利用するには、まず下記をクリックして下さい。

http://admall.jp/af.php?shn=10000194&aff=10022650

次にリストの件数を決め「お申込みはこちら」をクリックします。

決済画面で銀行振込かクレジットカード決済を選択し、決済を行う。

その後、カテゴリを絞るか全体からリストを収集するかを選択する。

条件が決まった時点で、リストの収集が開始されます。

収集されたリストは、その都度ダウンロード出来ますので、メルマガ配信スタンドにアップロードする。

一日に一度まとめてアップロードしても良いですが、ライバルが多いですからこまめにアップロードした方がいいです。

メルマガ登録をしてから時間が経てば経つほど、メルマガの開封率が下がりますので、出来るだけ早めにアップロードすることをお勧めします。

あと、注意点ですが、下記の内容はメルマガの一通目に記述した方がいいです。

このメールは、無料レポートスタンドのレポート購読などを
介して無料メルマガ「木村零のアフィリエイト講座」に
登録してくださった方へ送信しています。

心当たりのない方は、お手数ですがメール最後部の解除URLより
購読解除の手続きをしてください。

最近、スパムメールに対してメルマガ配信スタンドは厳しくなっていますので、細心の注意を払ったほうが良いと思います。

次に、インフォゼロリスト収集サービスについて私の意見を述べたい。

インフォゼロリスト収集サービスのレビュー

インフォゼロリスト収集サービス レビュー

私は、以前はインフォゼロのリスト収集サービスを利用していました。

その利用方法は、リストを使ってダイレクトレスポンスマーケティングを仕掛けるためではない。

※ダイレクトレスポンスマーケティングに関しては、下記記事を参考にして下さい。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは?神田昌典とダンケネディから学ぶべきか?

確かに最初は、アフィリエイトしようと思ってリストを購入していました。

ですが、なんとも反応が悪い。

赤字になることはないですが、手間なだけだと感じるようになる。

そこで、ブログのSEOが強くなるまで、アフィリエイトで使うのではなく、ブログの記事を読ませるために使いました。

とにかく、ブログへのアクセスアップに利用したわけです。

そのついでにアフィリエイトを行う。

インフォゼロのリスト収集サービスは、その程度の使い方だと腹が立たない。

アフィリエイトするためのリストと考えると、滅茶苦茶腹が立つので止めた方がいいと思う。

もし、インフォゼロを利用するなら、無料レポートを自分で用意して独占広告でリスト収集した方がいいです。

その場合は、1件のリストで300円位かかってしまいますが、あなたのメルマガだけを購読するので反応がいいはず。

しかし、そうは言っても無料レポートスタンドでの集客は本当に質が悪い。

同じお金を使って集客するのであれば、やはり昨日紹介したFacebook広告が良いかもしれません。

※興味がある方は下記記事を参考にして下さい。

Facebook広告解体バイブル(衣川泰司)は使えるか?

やり方によっては、300円前後で集客できるし、何よりスレていないのが良い。

理由は、無料レポートスタンドの場合、無料レポートが欲しいので仕方なくメアドを提供する。

その為、捨てアドの可能性が非常に高いです。

しかし、Facebook広告の場合、そのメルマガに興味があるから登録する。

この違いは大きいですよ。

ですから私は、インフォゼロリスト収集サービスを利用するならFacebook広告を利用することを勧めます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございます。

木村